女性であれば誰にでも起こる可能性のある膣カンジダ

2019年12月05日
男性を診ている医者

女性であれば誰でも感染してしまう恐れがある病気として、膣カンジダ症を挙げることができます。この病気は性行為以外が原因となって起こることが多いものであり、性病のなかでも特殊なものだということができるでしょう。もともと女性の膣内にはカンジダ菌が常在菌として存在していることが多く、女性の5人に1人は自己感染によってカンジダ症を発症します。ストレスや疲労、風邪などによって身体の免疫力が低下すると、膣内の常在菌が活性化されて異常増殖が起こってカンジダ症を発症することがあるのです。

性行為の有無に関係なく発症してしまう病気ですから、これまでに性経験がないような場合でも病気になることがあり、女性であれば誰でも膣カンジダになる可能性があると言えます。膣カンジダになってしまうと、ヨーグルト状で悪臭のするおりものが分泌されるようになったり、陰部に激しいかゆみを覚えたりすることが多いです。おりものの異変と陰部のかゆみがある場合は、高確率でカンジダ症を発症しているので、検査を受けたり病院を受診したりするようにしてください。

膣カンジダの多くは身体の免疫力の低下によって発症するので、カンジダ症にならないようにしたり、再発しないようにしたりするためには、免疫力を下げないように気をつけなければなりません。ストレスや疲労が蓄積すると免疫力や抵抗力の低下につながりますし、風邪やホルモンバランスの乱れが原因で身体が不調を起こし、カンジダ菌が異常増殖しやすくなることもあります。感染しないようにするためには、普段からストレスや疲労を溜めないように気をつけたり、他の病気にも感染しないように生活習慣や食生活に気を遣ったりすることが大切だと言えるでしょう。

女性の5人に1人がカンジダの症状を経験しているわけですから、いつ誰が感染してしまってもおかしくありません。カンジダを発症すると、人によっては耐えられないほどのかゆみが起こったり、排尿が困難になることもあったりするので、なるべく感染しないようにすることが大切だと言えます。また、もし感染してしまった場合はすぐに治療することも大切です。この病気を治すための治療薬は病院で処方してもらうことができるだけでなく、ドラッグストアでも購入することができます。他の性感染症の治療薬は市販されていないことが多いですが、カンジダ症を治すための薬はドラッグストアでも購入できるので、症状があらわれたときには購入すると良いです。

自分は平気だと思っていても、些細なことがきっかけでカンジダ菌が異常増殖を引き起こしてしまうこともあります。しかし、すぐにカンジダ症であることに気づいて治療を行えば完治することができる病気ですので、陰部のかゆみやおりものの異常がある場合はこの病気の感染を疑ってください。病院で診察してもらったり、自分で購入した医薬品で治療を進めたりすれば、早く症状を治すことができるでしょう。